facebookページ

Instagram #banbamiia

Blog / ブログ

カテゴリー別 記事一覧

インテリア

Coming soon!

住まいづくり

整理・収納・片付け

Goods

日々のこと


新着順 記事一覧

2018年

9月

25日

あかりの日

こんにちは。フリーランスのインテリアコーディネーター ばんばみーあ です。

 

毎日、暗くなると当たり前に照らしてくれている照明。

明るくするだけではなく、
いまでは、インテリアの大切な要素。

雰囲気作りは照明なしでは語れないくらい。。

 

最近はLEDが主流になってきましたが、

まだまだ電球のお宅もあるのではないでしょうか。

 

10月21日は、あかりの日。

 

トーマス・エジソンが
世界で初めて実用白熱電球を完成させた日だそうです。

 

1879年
明治12年ですから、
つい最近ですよね。

今では、夜が煌々と明るくても当たり前ですが、
少し前までは夜は暗いもの。

電気で、ひとの暮らし方は180度変わったと言っても過言じゃない。

以前テレビで、
そのとき使われたフィラメントがなんと京都の竹だったと知り
驚きました。

 


あかりが珍しかったときは

もっと、もっと明るく!

でしたが

最近は変わってきましたね。

 

 

明る”過ぎる”照明は落ち着かない。

エコ、というのもありますが

煌々と明るいだけ、って。ね。

 

 

コーディネーターを始めた頃は

1室1灯が普通でしたが

最近は1室多灯が普通になりつつあります。

 

 

 

何が違うんでしょう。

 

 

 

ズバリ、

シーンがつくれるということです。

 

 

夕食をとるとき

子供が宿題をするとき

お酒を飲むとき

来客のとき

映画を見るとき

 

 

専用のあかり。

 

 

ファミレスより

専門店に行くように

専用のあかり。

 

 

暮らしを愉しみたい人に

是非おおすすめです!

 


2015年

8月

17日

羽根はたき

お掃除、まずは何から始めますか?


私はハタキから始めます。


最近は化学雑巾を使っているひとも多いみたいですが、

私は見た目にも楽しく掃除がしたくて

羽根はたきを使っています。


はたきは

濡らさないものや

小物の隙間

高いところを掃除するのに最適。


ペンダント照明や桟

写真立て・書籍など

小物が並ぶ棚をサッサッサ〜と♪簡単。


 

取り掛かってしまえば、

気持ちが良い「掃除」

 

しかし、どうも、取りかかる一歩が重くて。。


でもお気に入りの

「羽根はたき」を使って始めてから

取りかかりやすくなりました。


ふわっふわの羽根はとても柔らかいので

小物を避けなくても

隙間に走らせるだけで

大切なものに傷をつけずに

ホコリが取り除けるのでお気に入りです。

 


ホコリは時間が経つと、

硬くなり、取れにくくなり

作業も大変になるので


たまにガッツリするか、

こまめにラクにするか、



簡単にラクに

綺麗をキープしたいというひとには

おすすめです♪

 

2015年

8月

15日

来客の見ているところ②


来客の見ているところ①

の続きです。

 

みんなどんな所が気になっているのでしょう。

ちょっと検索してみたところ、

いろいろと出てきました。

 

来客時の参考に。

 

 

 

●カランやシンクの水垢

 

これは女性ならでは。

キッチンに入って手伝ってくれることの多い

家族だったり、

仲の良い友達だったりが来る時にはチェック。

 

またはお子様連れだと、

ちょっと手を洗わせてね~って、

洗面所にどうぞ。ってことありますよね。

 

その時に、

カランやシンクの水が拭き取ってあると、

全然印象が違います。


その前には

ゲキ落ちスポンジなどで

水垢を落としておくと

ピッかピカに。


実はこれ、

私は、全く気にならなかったんですが、

生徒さんや友人の中には

結構気にしておられる方が多い様子です。

 

 

●テレビの指紋


自分家だとあまり気にならないひとも

他人の家だと、急に気になるようで、、、

不思議ですね~笑


今はリビングに

存在感のある大きなテレビがあることも多いので尚更。


これも気づきさえすれば

難しくない作業なのでチェックを。




●ペンダント照明のホコリ


定番ですが、

ペンダント照明をお使いの方はご注意。

因みにうちはメインがペンダント。  


前の家はダウンライトばっかりだったので、

照明を掃除する習慣がなかったので

引っ越してきた当初よく忘れていました。


なぜか思い出すのは来客中。

あーーー。

見ないで。。。って

思いながらいたのをを思い出します。


私はコレで叩きます。

ふわふわのお気に入りです。


こんな感じで。

掃除の中で私が唯一?好きな作業がこれです。

 

 

家は赤裸々な生活の場ですから、

視線は気になりますが、

友人や生徒さんと話していると、

人によって見るポイントは違うし、

自分が気にするほど

気にされてないことも多いような気がします。

 

 

整えるおもてなしも気になりますが、

せっかく自宅に来ていただくのだから

見られる、、というより見せる!

自分らしさが伝わる空間づくり

にも力を注ぎたいところ。

 

 

好きな雑貨、好きな家具、好きな食器、好きな花、好きな音楽、、、

自分らしい空間。

 

招いた目的を存分に楽しんでもらって

さらに自分を丸ごと見てもらうことで

話がより深まって

より仲良くなれたら!!

 

◯◯らしい家ね。

また来たいわ!

って思ってもらえたら嬉しいですね。

 

そう思ってもらえたら、

不快でないレベルでならBetterでOK

多少のことも愛嬌かな。と思います。



家をオープンにして

心もオープンに。

2015年

8月

14日

来客の見ているところ①

ひとを招くのは楽しいけれど

気になるのは

来客が見ている所


みんなどんな所が気になっているのでしょう。

ちょっと検索してみたところ、

いろいろと出てきましたので、

私も来客の際に

気をつけていることも混じえ

いくつか紹介します。




●玄関


ピンポ~ンとインターフォンを押し、

少し待つ間、

ドア周辺をふと見てしまう、そんな時。


玄関ドア、インターフォン、表札、ポスト、傘立て、照明、玄関周りのあれこれ、、

ホコリが被っていたり、

砂ホコリが溜まっていたり、

蜘蛛の巣が張っていたりしていないか確認、確認。。


プラス、余裕があれば

「お待ちしていましたよ」の意を込めた

お花やプレートなどがあると

嬉しいですね。


そして、パッとドアを開けた時の印象、

タタキに沢山出ている靴や

カウンターの上にポッと置かれた鍵や

つい便利だからと置いてそのままになったモノたち。

初めて見るひとには雑多な印象に。


きれいにすると、

運気が上がると言われる玄関

常に気にかけたいところ。

 

そして、案外家族は気が付かない家の匂い。

自分ではわからないこそ気を遣いたいところです。

 

アロマやお香を焚いたり

常日頃、消臭に花炭を飾ったりもいいですよね。


(コタンの花炭の画像をお借りしています)

●トイレ

みなさん気にされている場所ですから

お掃除はされると思いますが

毎日使う場所ですから、どうしても汚れがち。



特に男子のいるお家は

予想以上にトビハネによる匂いもあるよう。



手洗いのタオルは

来客の時はペーパータオルも置いていくと

気を遣わず、気持ち良いかもしれません。

その時は、ゴミ箱も忘れずに。



小物を飾ってある棚や鏡、

トイレットペーパーホルダーにも結構ホコリが積もるので

サッと一拭きしておくといいですね。



私はコレで。ササッと。

石油系化学成分含まれていないので、

匂いにクラクラすることがないクリーナー。

天然アロマ成分で

いい香りもするのでお気に入りです。

マーチソン・ヒュームスプレーでクリーニング。

 ●台ふきん


お客様にコーヒーを出すであろうテーブル。

出す時に、アッ!汚れてた、って気がつくことも。

 

もちろん、事前に拭いておけばいいのですが、

お茶や食事をしている時に汚すこともよくありますよね。

 

その時に出す「台ふきん」

日常使いものはちゃんと洗ってはいても

見た目に、、、ってことありますよね。

 

オシャレな来客用ふきんがあると、

来客の前でもササッと拭けますよね。

または、使い捨てふきんもオススメです。

2015年

8月

13日

キッチンはさみ

ここのところ気に入っている
ハサミがこちら。


使う度
お気に入り度が上がっている
その名も
「キッチンスパッター」
鳥部製作所製

これまでのも使っていたのも
10年ぐらいは使って
気に入っていたのですが
持ち手がプラスチックだったので
でもとうとう割れてしまいました。

長く使ったので、
ちょっと寂しかったけれど
仕方がない。。



どんなのを買おうかと探していた時
思い出したのが

くるみの木の石井由紀子さんが
愛用されているというこのハサミ。

「キッチンスパッター」



実際に手にすると、

手の馴染みもいい。
切れもいい。
そして
なかなかの美しさ。



「これぞ道具」
と愛でたくなるハサミ。





お肉なんかを切っても
オールステンレスだし、
こんなふうに分解ができるから

気持ちよくスルーっと洗うことができます。
清潔に保てるので
ハサミを使う頻度も多くなった気がします。


キッチンはさみを
お探しの方に
ぜひおすすめしたい一品です。


2015年

8月

11日

駐車の仕方でわかる!?

2年ぶりに帰郷した
30年来の友人とのお喋りを楽しみました。

夏休みは、
普段会えない人に久々に会うのも楽しみですね。

友人は、
ロンドンにお嫁に行って15年。
もうすっかり向こうの生活に馴染んでいて、
(当たり前か…)
話を聞く度に
習慣の違い、
考え方の違い、
そして、
国が違っても同じなんだ。
ってことも気づかせてくれます。


面白かったのが、
駐車する時の話。



イギリスでは、
みんな頭から突っ込んで駐車するらしいのです。


(↑ちなみにこの写真はハワイ)


彼女はこのとめ方が
「いまを生きてる」って感じがする。
っていうのです。

いきなりここだけを聞くと
話が飛躍しすぎてておかしいと思うのですが、
この前に違う話があって話していた時は普通(笑)



日本だと、
バックで駐車するのって、
出る時にすっと出られるように「準備している状態」

確かに。。
そう考えると、そう。
日本人は、常に後のことを考えて
準備しておく習慣がついてるってこと?


無意識でしていることって
考え方の表れだもんね、、、


そういう彼女は
イギリスでもバック駐車なんだそうですが(笑)


困ったら困った時に対処したらいい
いや、困ることさえも想定しない考え方。
困らないように準備しようとする考え方。


その時々状況によるけれど、
「いまを生きる」生き方はカッコいいなぁと思います。




私は駐車と言えば、
イタリアの縦列駐車を思い出します。

最初はいやに前後がつまってとめられているので、
イタリア人は車の運転が上手いんだなぁ~と思ってました。


でも街に走る車には
傷だらけの車も修理しないで平気で走っていました。


で、あるとき、
見てしまったのです。
縦列駐車の瞬間を!


そのスペースじゃ無理でしょ。っていうスペースに
頭から突っ込み、
バンパーをガンガン当て
車の間にスペースを空けて
とめて去って行くひと。。


唖然


イタリア人に聞くと、
「バンパーはこうやって使うためにあるんだ」
って。


そ、そりゃ、そうなんだけど、、、、笑💦


だから、サイドブレーキはかけないらしい。
動くように。


んー。
この考え方、
合理的というのか、なんというのか、、
でも、嫌いじゃいな、と感じました。

車を道具として考える。
なんだかカッコイイかも!


生き方は行動に表れる


国民性を表していてとても面白いなぁと思います。

2015年

8月

03日

子供の片付け

先日、片付け講座の応用編を開催したとき、
受講者の方と
子どもの片づけの話で盛り上がりました〜!
そのときのことについて書きたいと思います。


夏休み、
暑いのに追い打ちをかけて
いつもに増して子どものモノが散乱してませんか?

遊ぶのはいいけれど、
LDKに放りっぱなしだと
「片付けて」と言いたくなんですよね〜

すると、子供は怒る母を避けて
放ったらかしのまま、その場を去ったりして、、、
また腹が立つ!
いやぁ~なサイクル。

怒りたくないのに怒っている自分に
自己嫌悪を感じたり。

あるある~ぅ。

そんな話をしながら、
同じ母として、とても共感しました。

そこで
こんなお話をしました。




子どもさんに
「片付けて!」と言ったとき
ものをギュッと横に寄せているだけなら、
「片付ける」っていうことが
わからないのかも。


「片付ける」は
ものを横に寄せるのではなく、
「あるべきところに、戻すこと」

でも、
使ったモノ、遊んだモノが
本来収まる場所がないと
戻すに戻せない (> <)



なので、
片付けるには
使わないときは、ここに仕舞う、という
モノの在り処を決めておくと戻すことができます。


そこで、よくやってしまうのが、
ママが「これはここに仕舞いましょうね」って
決めてしまうこと。


お子さんが自分で片付けをしたくなるコツは
自分で、場所を決めさせてあげること。
「このおもちゃの仲間はどれ?」
「これの家はどこにする?」とかいいながら
子どもが主体的に
「僕(私が)が決めた♪」
と思えるように仕向けてあげること。

そうすることで、
ママもちょっぴり楽になりますよね
楽になるため、っていうと
手抜きみたいで抵抗があったりするかもですが、


やっぱり、
自分で片付けてくれたら、
怒らないでいいし
笑顔で家族と過ごしたいですもんね。



自分の使ったモノは
自分で戻せる仕組み。

自分のモノは、
どこにあるか探せる仕組み。




夏休み、
子どもと仲良くなるために
片付けの時間を設ける。


うちも、最近仕組みが乱れ気味なので
帰ってきたら
それとな~く、仕向けてみようかな。と思っています。



2015年

7月

24日

利き脳と整理・収納・片付け①

先日利き脳の概要とチェック方法を書きましたが、

今日はその続きです。

(読んでおられない方はコチラで自分の利き脳をチェックしてみてくださいね→⭐️

手で調べるチェック方法から

さらに片付けの視点で分析してみます。



こんなことってありますか?


✅仕舞い込んだ服の存在をすっかり忘れて

 着る服がないなぁ、と思うことがよくある。😅


✅便利な調理器具を持っているのに

 ちゃんと仕舞っていたばっかりに

 いざ使うときに思い出せず

 宝の持ち腐れになっている。😢



こんな傾向のある方は

利き脳が右脳優勢タイプの傾向があります。

右脳はパッと見で認識することが特徴なのです。


私も右脳優勢タイプなので

よくあります!どんま〜い。笑。



対策は、

パッと見える工夫をすること。



例えば、

服は可能な限りハンガー収納にする。

少し見えているだけで、

把握がラクにできるようになり、

服選びがはやくなります。

できれば、ハンガーを揃える。


わざわざハンガーを買って揃えるのは

抵抗があるという方もおられると思います。

実際い私もかなり長い間、持っていたハンガーで間に合わせてました。

しかし、実際に試してみたところ、

揃ってるのと揃ってないのでは全然違うんです!


見た目にもうっとり、

物理的にもスッキリ出しやすい。


揃えた方がいいと知っていながら

なぜ早くしなかったのかと自分でも思うくらいです。

「知っている」と「する」のでは全く違うことを

実感したひとつです。

 



宝の持ち腐れになりそうな調理器具の対策は、

出しておく!



そのためには

あなたが見た目にも耐えうるデザインであることも大切。

そして、シンプルな使い勝手であること。

いくら性能がよくても

使うのが面倒になっては

出番は少なくなりますよね。



私の場合、

使い忘れを繰り返すうち

私には案外、多くの調理器具はなくても大丈夫ってことがわかりました。笑

↑こちらは今は廃盤になったamadanaトースター。

(画像はお借りしています)

これを愛用してましたが、手放しました。



トースターはグリルで代用。

フードプロセッサー兼ジューサーはバーミックスで、

炊飯器は圧力鍋を活用しています。


専用道具って、つくりが複雑で洗うのが少々面倒なことが多いし

(どんなけ面倒くさがりや?汗)

場所も取りますしね。

なので

トースターも

フードプロセッサーも

炊飯器もないですが困ってません。

むしろスッキリして気がラクになりました。



まとめ、

右脳優勢の方は

見える仕組み、見せる仕組みがポイント。

2015年

7月

22日

利き脳とは?

利き脳って、ご存知ですか?

 

知ってる〜〜という方はスルーしてくださいね。

言葉だけ聞いたことある方は、ぜひこの機会に。

 

私が利き脳を知ったきっかけはライフオーガナイズです。

ライフオーガナイザーという整理収納術の資格の1級を取得しています。

そのスキルとして効果的な片付けの方法のひとつとして
利き脳のことを学びました。

 

利き脳がわかって得たことは
リバウンドしにくい片付け方法を選ぶ基準を得たことと


そして、いちばんの副産物は家族関係が楽になったこと。

(関係というのか、ひとりで不機嫌だったように思います、、、笑)

 


利き脳が相手を変えるわけではないのですが、
私の家族の考え方や行動に対する捉え方が変わったのです。

いまでは、イライラすることがとても少なくなりました。
(ゼロではありません。笑)

 

 

さて、そんな利き脳というのは

手でいうと、右利き・左利きがあるように、

脳にも右利き・左利きがあって、

それぞれ右脳優勢、左脳優勢タイプと言っています。

 

 

それぞれの役割は、

 

【右脳】は

直感・閃き

色・図形・イメージ記憶

空間認知力に長けていたり

物事を広く捉えるので

変化に敏感で、また変化を好む傾向も。

アート脳とも言われます。

 

 

 

それに対して

 

 

 

【左脳】は

言語脳なので、
言葉や数字を処理するのが得意で、

分析したり、理論的に考えるのはこちらの脳。

安定思考で、決まっていることを繰り返したり、

順番に進めていくことが得意なので

ルールがあるほうが楽だったりします。

理論脳とも言われます。 

 

 

 

そう聞くと、気になるのは

自分の利き脳がどちらなのか、ですよね。

 

 

 

利き脳を知るのに

一番手軽で一般的に使われている方法は、

 

 

祈るときのように指を組んだとき

親指が下になる方が利き脳、という方法。

 

 

つまり、

右の親指が下なら、利き脳は右脳優勢タイプ。

という具合に知ることができます。

 


この指組の方法の他に、

腕組みという方法もあります。

こちらも指組同様、下が利きです。

 

 それぞれが何を示すかは

指組が情報をインプットする利き

腕組みは情報をアウトプットする利き

 

 

私の例でいうと、
右脳でインプットして、左脳でアウトプットする、→右左→

 

そう、インとアウトは同じとは限らないのです。

なので4パターンできます。

 

→右右→

→右左→

→左右→

→左左→

 

自分の利き脳がどちらかだとわかると、

そちらばかりに目がいきますよね。

 

 

あれ?違うんじゃない?

って感じることも。

 

 

これは手に利き手があるように

脳も左右の利きがあるから。

 

冷静に考えれば

どちらの脳も使っているわけですから。

 

 

私はクッキリ分けるのは難しく
あくまで”傾向”

というふうに捉えています。

 

 

左右のバランスがとってもよい方は利きがわかりにくいです。

 

 

また日常的に仕事などで利き脳でない方の脳を良く使うと

鍛えられて、

元々利きでなかった方が利きに変わることもよくあります。

 

 

言い換えれば、脳トレで

自分がなりたい自分になれるわけです。

 

 

そこが脳のすごいところですよね。

ん〜面白い。

 

 

また手でチェックするだけでなく

もっと詳しく質問などを交えて分析していくと違う結果がでる場合もあります。

 

 

ちなみに、

うちの主人は指・腕組みでは両方とも左脳優勢でしたが、

分析していくと行動パターンは完全に右!

 

 

仕事で右が鍛えられたのだと思います。

でも、

角をキッチリ揃えたり

理論的だなーと思うことがあるので

根っこは左脳優勢なんだな、

と思うと面白です。

 

 

そもそも

人を4パターンにクッキリと分けるのは無理があると思いますが、

決めてしまうのではなく、

自分や周りの大切なひとの「利き脳」を知り

うまく活用することで、

 

自分が不得意と思っていること(たとえば片付け)がクリアできたり

大切なひとと仲良くなれたり、

子供の個性を伸ばしたり、

なりたい自分になれる

と感じています。

 

 

家の収納計画をご提案するときは

こんなことも取り入れていますので

ご興味のある方は

聞いてくださいね。

 

2015年

7月

21日

似合う色

ホームページ、たくさん反響をいただいて喜んでいます。
ありがとうございます。


このホームページを作るにあたって
コンセプトやカラー構成などの相談に乗ってくれた
ライフオーガナイザー同期の reyちゃんに
color+shape®
パーソナルカラー診断を受けてきました。

reyちゃんはあらゆることにセンスが良くて
なにかと相談したくなる頼れる存在。

ホームページの写真の多くは、
TOP画像もプロフィール写真も
reyちゃんの写真なんですよ。

そんな彼女がカラーを学んでいて
さらにスキルアップするためのモニターをということで
喜んで受けてきました。



私は服は(…ファッションと言えるほどではない笑)
流行をあまり追うこともなく
なんとなく感覚で選んで着ていました。

自分ではベージュ~茶系が好きなのに
どうもしっくりこないなぁ、と思いながら。
なぜ?とか深くは考えないまま。(無頓着?)

色はインテリアでも使うと楽しいですし
考えるのは好きなのですが、
服となるとどうもね、
好きなカラーが
自分に似合うとは限らないから難しく感じちゃうわけです。
color+shape®
パーソナルカラーは
自分の肌色が基準に
イエローベースかブルーベースか
赤みがいるかいらないか、
肌が綺麗に見える色は?とか
顔が明るく映る色は?とか
興味深くて面白かったです。
reyちゃんの話に納得しっ放し。


私はブルー系の赤みなしクリアー色が
似合うとの診断。

確かに!よく着る色はそんな感じ!納得!
私の似合う色は3原色のどの色味からできているか
彩度や明度から自分の色を分析してもらったので
感覚でなく、理論でもなぜ似合っていたのかわかりました。
これからの服選びがとっても楽になりそうです♪


こう書くと難しそうに思えるかもですが、
実際には色相環※を見ながらの説明なので
全然難しくなく、
感覚で感じていたことが紐付けされてスッキリ。


※色相環はこんなのです↓(reyちゃんが使ってはったのと違います)

数日たって
似合う色を着て過ごすと
気持ちもいいし、
自分らしくいられるような気がします。


それと、面白かったのは、
自分のことはわからないけれど、
ひとのはよく分かる、ってこと(笑)

 

お昼はレイちゃんのオシャレな演出でカレーランチをいただきました。


食事も彩があると、嬉しくなります。

衣食住に色を意識的に取り入れると、気分も明るくなって
笑顔がぐんと増えますね。