facebookページ

Instagram #banbamiia

あかりの日

こんにちは。フリーランスのインテリアコーディネーター ばんばみーあ です。

 

毎日、暗くなると当たり前に照らしてくれている照明。

明るくするだけではなく、
いまでは、インテリアの大切な要素。

雰囲気作りは照明なしでは語れないくらい。。

 

最近はLEDが主流になってきましたが、

まだまだ電球のお宅もあるのではないでしょうか。

 

10月21日は、あかりの日。

 

トーマス・エジソンが
世界で初めて実用白熱電球を完成させた日だそうです。

 

1879年
明治12年ですから、
つい最近ですよね。

今では、夜が煌々と明るくても当たり前ですが、
少し前までは夜は暗いもの。

電気で、ひとの暮らし方は180度変わったと言っても過言じゃない。

以前テレビで、
そのとき使われたフィラメントがなんと京都の竹だったと知り
驚きました。

 


あかりが珍しかったときは

もっと、もっと明るく!

でしたが

最近は変わってきましたね。

 

 

明る”過ぎる”照明は落ち着かない。

エコ、というのもありますが

煌々と明るいだけ、って。ね。

 

 

コーディネーターを始めた頃は

1室1灯が普通でしたが

最近は1室多灯が普通になりつつあります。

 

 

 

何が違うんでしょう。

 

 

 

ズバリ、

シーンがつくれるということです。

 

 

夕食をとるとき

子供が宿題をするとき

お酒を飲むとき

来客のとき

映画を見るとき

 

 

専用のあかり。

 

 

ファミレスより

専門店に行くように

専用のあかり。

 

 

暮らしを愉しみたい人に

是非おおすすめです!