facebookページ

Instagram #banbamiia

利き脳とは?

利き脳って、ご存知ですか?

 

知ってる〜〜という方はスルーしてくださいね。

言葉だけ聞いたことある方は、ぜひこの機会に。

 

私が利き脳を知ったきっかけはライフオーガナイズです。

ライフオーガナイザーという整理収納術の資格の1級を取得しています。

そのスキルとして効果的な片付けの方法のひとつとして
利き脳のことを学びました。

 

利き脳がわかって得たことは
リバウンドしにくい片付け方法を選ぶ基準を得たことと


そして、いちばんの副産物は家族関係が楽になったこと。

(関係というのか、ひとりで不機嫌だったように思います、、、笑)

 


利き脳が相手を変えるわけではないのですが、
私の家族の考え方や行動に対する捉え方が変わったのです。

いまでは、イライラすることがとても少なくなりました。
(ゼロではありません。笑)

 

 

さて、そんな利き脳というのは

手でいうと、右利き・左利きがあるように、

脳にも右利き・左利きがあって、

それぞれ右脳優勢、左脳優勢タイプと言っています。

 

 

それぞれの役割は、

 

【右脳】は

直感・閃き

色・図形・イメージ記憶

空間認知力に長けていたり

物事を広く捉えるので

変化に敏感で、また変化を好む傾向も。

アート脳とも言われます。

 

 

 

それに対して

 

 

 

【左脳】は

言語脳なので、
言葉や数字を処理するのが得意で、

分析したり、理論的に考えるのはこちらの脳。

安定思考で、決まっていることを繰り返したり、

順番に進めていくことが得意なので

ルールがあるほうが楽だったりします。

理論脳とも言われます。 

 

 

 

そう聞くと、気になるのは

自分の利き脳がどちらなのか、ですよね。

 

 

 

利き脳を知るのに

一番手軽で一般的に使われている方法は、

 

 

祈るときのように指を組んだとき

親指が下になる方が利き脳、という方法。

 

 

つまり、

右の親指が下なら、利き脳は右脳優勢タイプ。

という具合に知ることができます。

 


この指組の方法の他に、

腕組みという方法もあります。

こちらも指組同様、下が利きです。

 

 それぞれが何を示すかは

指組が情報をインプットする利き

腕組みは情報をアウトプットする利き

 

 

私の例でいうと、
右脳でインプットして、左脳でアウトプットする、→右左→

 

そう、インとアウトは同じとは限らないのです。

なので4パターンできます。

 

→右右→

→右左→

→左右→

→左左→

 

自分の利き脳がどちらかだとわかると、

そちらばかりに目がいきますよね。

 

 

あれ?違うんじゃない?

って感じることも。

 

 

これは手に利き手があるように

脳も左右の利きがあるから。

 

冷静に考えれば

どちらの脳も使っているわけですから。

 

 

私はクッキリ分けるのは難しく
あくまで”傾向”

というふうに捉えています。

 

 

左右のバランスがとってもよい方は利きがわかりにくいです。

 

 

また日常的に仕事などで利き脳でない方の脳を良く使うと

鍛えられて、

元々利きでなかった方が利きに変わることもよくあります。

 

 

言い換えれば、脳トレで

自分がなりたい自分になれるわけです。

 

 

そこが脳のすごいところですよね。

ん〜面白い。

 

 

また手でチェックするだけでなく

もっと詳しく質問などを交えて分析していくと違う結果がでる場合もあります。

 

 

ちなみに、

うちの主人は指・腕組みでは両方とも左脳優勢でしたが、

分析していくと行動パターンは完全に右!

 

 

仕事で右が鍛えられたのだと思います。

でも、

角をキッチリ揃えたり

理論的だなーと思うことがあるので

根っこは左脳優勢なんだな、

と思うと面白です。

 

 

そもそも

人を4パターンにクッキリと分けるのは無理があると思いますが、

決めてしまうのではなく、

自分や周りの大切なひとの「利き脳」を知り

うまく活用することで、

 

自分が不得意と思っていること(たとえば片付け)がクリアできたり

大切なひとと仲良くなれたり、

子供の個性を伸ばしたり、

なりたい自分になれる

と感じています。

 

 

家の収納計画をご提案するときは

こんなことも取り入れていますので

ご興味のある方は

聞いてくださいね。